土木工事はダイナミックなだけじゃない

土木工事と雨との関係性

常に危険と隣り合わせの状況で行われる土木工事は、緊張感を持って作業に臨むことが求められているのです。
そんな中において、気象の条件によって、その作業内容が変更を余儀なくされることも多く、関係者たちの頭を悩ませることになります。
雨や風、雪などに見舞われた場合には、その状況にもよりますが、作業員の安全性や効率を考えた上で、作業が中止や延期になる場合も多くあります。
特に梅雨の時期などと土木工事とが重なった場合には、中止になったり、延期になったりすることが多く、余裕を持った日程を組む必要があります。
土木工事の現場は、基本的には、屋外で行いますので、自然の影響を受けることは想定できます。
使用する重機や工具などにも、防水性や防火性などに優れたものが多く、さまざまな自然状況に配慮したものが増えてきています。
多少の雨であれば、作業員たちは、合羽などを着用し、十分注意をしたうえで作業に取り組む場合もありますが、何より優先されるのが安全性です。

土木工事における雨対策について

土木工事は、道路や河川、地中などの場所で作業をすることがメインの仕事になりますので、降雨による影響を十分に考慮し、安全対策をしなければなりません。
特に河川などでの護岸工事や、地中の配管やピットなどを構築する工事などでは、作業員の安全と、土木用重機に関しての安全運転を心掛ける必要があります。
護岸工事においては、雨天時には天気予報の確認から、河川の氾濫などの可能性を行政の情報サイトなどを参考にしながら、工事を進められるかどうかを判断することが求められ、危険性が高いと判断される場合は、工事をストップすることも止むを得ません。
地中における工事では、雨により地下水が流出することを想定して水中ポンプを準備したり、土砂が崩れてこないための土留めを強固にするなどの安全対策が必要になります。
このように、土木工事においては、天候によって作業進捗の遅れや、危険リスクに影響を及ぼしやすいため、正確な判断と早めの対応が重要になります。

おすすめWEBサイト 5選

2017/10/26 更新

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>