土木工事はダイナミックなだけじゃない

土木工事における安全対策

土木工事は地盤を切り開き、深くまで掘削するような作業が多いため、特殊な安全対策が必要になります。
一つは地盤を切り開く際の土壌が崩れてきて作業員が生き埋めになるリスクを減らすための支保工という土留めの措置が重要です。
土の種類によって土砂崩れのしやすさが異なっていますので、軟弱な地盤を切り開いて土木工事を行う際には、十分な強度のある土留め壁を設置して作業員の安全を確保します。
また、土中の作業環境においては、酸素が欠乏しやすい場所や腐敗土から発生する硫化水素を吸ってしまい死に至るリスクもありますので、十分な注意が必要です。
地上から深い場所での作業においては、必ず酸素欠乏対策と、硫化水素対策のために送風機を準備して新鮮な空気を確保する措置が必要であり、作業開始前には酸素濃度と硫化水素濃度を測定して、作業環境に問題がないことを確認することが重要となります。
このように土木工事の現場には、命の危険性が高いリスクが潜んでいますので、安全管理を徹底して行わなければなりません。

土木工事を安全に行うための鉄則

道路や建物の工事を行うためには、それなりの技術、経験、資格、免許などがいります。
これは、土木工事の内容にもよりますが、それを安全にやってのけるために必要なスキルだからです。
慣れた業者はどこに何があるか知っており、初めての現場でもどこから手をつければいいか、足場を組んだりコンクリートミキサー車でコンクリを運んだりと、手順をしっかり決めて作業ができます。
土木工事を安全に行うための鉄則は無理をしないことです。
夏の暑い盛りに屋外で長時間作業をしていたり、重い材料を人力のみで運ぶなど無理をしていると、必ずケガや思わぬ大事故につながります。
そのため、現場監督をする人は必ず作業員の状態を確かめ、力量を把握した上で仕事を割り振ります。
また、作業中もいろいろな場面で危険がないようチェックをいれ、しっかりと休憩時間を持ちます。
ただスピードを優先して作業をするのではなく、最後まで無事に作業ができるかに重きを置くわけです。

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

注目サイト

緑区の歯科を検索

Last update:2017/10/26